汗が臭うのは当たり前!臭いのケアが大切

汗のにおいが気になるときに

汗をかくことは、とても自然な現象です。

 

必要以上に気にしてしまうと、汗が余計に出ますから、多汗が気になる人は、汗を気にしないことが大切です。

 

 

汗のにおいは、年齢とともに強くなる傾向があります。

 

自律神経の働きやホルモンのバランスと関係していることが理由で、体調が悪いときやストレスを強く感じたとき、生理前などは汗の量が多くなり、においも気になるときです。

 

 

汗のにおいというよりも、雑菌と混ざり合うことが原因でいやなにおいがしてくることになります。

 

汗をかいたらきちんと拭き、制汗スプレーなどでにおいを抑えることが、いやなにおいを防ぐ方法です。

 

制汗剤にはスプレータイプのほか、シートタイプ、パウダータイプ、クリームタイプ、ロールオンタイプとあり、症状や人によって、使いやすいタイプが異なります。

 

しかし、制汗剤の多用は汗腺を塞いでしまう危険性がありますのであまりオススメできません。

 

 

汗臭や体臭は石鹸(ボディソープ)を替えることで改善することができます。

 

加齢臭・体臭・汗臭を5大消臭成分がパーフェクトOFF!!

 

 

発汗そのものを抑えるものとしては、塩化アルミニウム液があります。

 

塩化アルミニウム液は、多汗症の治療にも使われているもので、かなり高い効果が得られます。
(*現在、塩化アルミニウム水溶液は病院での処方がないと入手できません)

 

汗を抑えることができるかわりに、脇の下のようなデリケートな部分に使ってしまうと、かぶれやかゆみといった副作用が出ることがあり、使い続けていると、効果が減少してくることがデメリットです。

 

汗が多く出る人は、自律神経のバランスが不安定なのかもしれません。

 

自律神経の働きを整え、代謝をアップすることが、発汗を抑える方法として有効です。

 

 

汗が気になるからと、運動や入浴を控え、汗をかかないようにするのではなく、汗をたっぷりかくようにしましょう。

 

半身浴は特におすすめです。

 

汗を抑える方法としては、脇汗パッドやボトックス治療もありますが、まずは代謝を高めることが治療の第一歩です。

 

 

香るオトコ.COM

 

 

 



 

 

 

汗をかく事は自然な現象です。
誰でも汗はかきますし、多かれ少なかれ臭うものです。
必要以上に気にしてしまうと、汗が余計に出ますから、多汗が気になる人は、汗を気にしないことが大切です。

 

汗の臭いも体臭と同じで年齢とともに強くなる傾向があります。
年齢の他にも、自律神経の働きやホルモンのバランスと関係していることが理由で、体調が悪いときやストレスを強く感じたときなど様々な要因で臭いが強くなります。

 

スプレータイプやパウダータイプなど様々な制汗剤が販売されていますが、制汗剤は一時的に汗臭を抑えるもので普段は汗の臭いが気にならない人におススメできますが、いつも臭いを感じるような人にはおススメできません。

 

年齢とともに汗の臭いが気になり始めたら、臭い対策石鹸(ボディソープ)の利用が効果的です。
臭いの元になる皮脂汚れやノネナールを減らすことが臭いを少なくすることになるからです。
毎日の入浴で使うボディソープを臭い対策商品に替えるだけで、汗臭はもちろん加齢臭や体臭までも減らすことができます。

 

 

リンク集|123